Suica対応スマートウォッチ、Garmin『VENU SQ』が発表!【GPS・水中対応心拍センサー搭載】

取得元:https://www.appbank.net/2020/11/25/iphone-application/1996637.php

Garmin(ガーミン)から新スマートウォッチ「VENU SQ」が発表されました。独自のキャッシュレス決済Garmin Payの他、交通系ICのSuicaにも対応しています。

価格は24,800円(税抜)で、予約受付開始は11月26日、発売は12月3日となっています。


Suica対応の「VENU SQ」のスペックと特徴

VENU SQは四角型のGPS対応スマートウォッチ。240×240pxの1.3インチ四角ディスプレイを搭載しています。ただしディスプレイは有機ELではなく液晶で、常時点灯には対応していません。

センサーにはGPS、水中対応の光学式心拍センサーを搭載。主にフィットネスやヘルスケアで役立つ機能です。

支払い機能も搭載しており、独自のキャッシュレス決済Garmin Payに加え、交通系ICのSuicaにも対応しています。

また、音楽再生に対応した兄弟モデル「VENU SQ Music」は多数のストリーミングアプリに対応しています。楽曲をダウンロードすることができ、最大500曲を保存可能です。

バッテリーはスマートウォッチモードで約6日間。ただしGPSオンの状態では稼働時間が約14時間と短めで、音楽モード+GPSでは6時間稼働となります。

Suica対応が嬉しい!価格は24,800円から



Suica対応のスマートウォッチはまだまだ少なく、VENU SQが対応しているのは嬉しいですね!GPSも搭載しているので、普段使いからフィットネスまで幅広く活躍してくれそうです。

価格は通常版が24,800円、音楽ストリーミングアプリ対応のVENU SQ Musicが28,800円から(いずれも税抜)。

予約は11月26日からで、発売は12月3日からとなっています。予約(26日開始)・詳細はこちら!

Garmin VENU SQ – シンプルでスマートなウェルネスライフへ



画像はGarmin

この記事のカテゴリー:テクノロジー,ガジェット

 

関連記事: